結婚式準備でうっかり忘れてしまいがちな作業

プチギフトとメッセージカード

結婚式準備はいざ始めるとやることがたくさんあるので、うっかり大事な作業を見落としてしまうケースも少なくありません。いくつかある結婚式準備の中でも忘れがちなのが招待状の準備です。
結婚式を行う上で参列をしてもらう人達に招待状を贈るのは基本となります。例え事前に口頭で伝えて知っている相手だとしても自宅に招待状を送ることはマナーです。参列者が多くなるほど作成に時間が掛かってしまうため、つい後回しにしてギリギリになって気が付くというミスをする人もいます。招待状は結婚の報告だけでなく出欠の確認をする目的も含まれているので、余裕を持って届けられるように早めに手を付けておくことが大切です。
遠くに住む親戚や地元の友人などが遠方から結婚式に出席する場合には、交通手段の関係で前乗り、もしくは当日に宿泊をして翌日以降に帰ってもらう形になります。この時の宿泊場所の確保も招待状と同じように後回しにしてしまい、周辺ホテルの予約が埋まってしまったという失敗をしがちな結婚式準備の一つです。連休などの旅行シーズンは早い段階で予約が埋まってしまうので気を付けなくてはいけません。参列者が自分で宿泊手段を手配してしまうと費用が無駄になってしまうため、事前に確認しておくことが必要です。

結婚式準備で重要なウェディングドレスの選び方

結婚式準備は一生の思い出に残る式にするために手を抜くことはできません。いくつかある結婚式準備の中でも特に重要となるのがウェディングドレス選びです。世の中にはウェディングドレスを着ることに憧れを抱いている女性も多く、他の結婚式準備の作業よりも時間を掛けるという人も少なくありません。
ウェディングドレスを選ぶに当たって、最初に行わなければいけないのがイメージ作りです。一口にドレスと言ってもデザインや色など種類は様々で、着用した時の雰囲気は細かく違います。漠然としたイメージでも良いので、方向性を定めることが大切です。
色の選択も大事なポイントの一つです。ウェディングドレスで比較的多くの人が選択すると言われる白も、純白のホワイト、肌色が混じったオフホワイト、黄色が強いアイボリーの3種類あります。自分の肌の色によって最適な色合いが変わってくるので、いくつか試着をして自分の目で確認をして決めるのが失敗しないコツです。
ウェディングドレスは色だけでなくシルエットもいくつかの種類が用意されています。ウェストの位置が高めに設定されているAライン、体のラインが強調されるスレンダーなど特徴をよく理解して自分が最も映えるドレスを選ぶことが重要です。

神社で結婚式を挙げる際に準備は何をするのか

神社での結婚式に参加したことがない場合、どのような結婚式準備をしたらよいか不安になる方もいらっしゃるでしょう。
神社での結婚式準備について紹介しますので参考にしてみてください。

神社での結婚式準備の流れは、基本的に4つに分かれています。
まず初めは、情報収集です。
2人でどのような神社で結婚式を挙げることができるのか情報を集めます。
神社によって祀られている神様が違うので、こだわりがある方は詳しく調べるようにしましょう。

2つ目は目星をつけた神社に会場見学の予約をしましょう。
ですが、神社によって結婚式の予約窓口が直営の神社や、式場に委託している神社もあるため、問い合わせをする際に神社での結婚式の受付窓口を前もって調べてから見学予約するとスムーズに進みます。

3つ目は、実際に神社へ見学に行き、相談や見積依頼することです。
神社の方や式場のプランナーの方が案内してくれるので、不明なことがあったら質問しましょう。
そして、結婚式を挙げたい神社が決定したら契約し、申込金を支払い、日程を決めます。

最後に、打ち合わせを開始します。
申し込みから結婚式までの期間により変わりますが、大抵は結婚式の約3~4か月前から打ち合わせを始めます。

「何から手を付ければいいのか分からない…」とお困りの方は、結婚式準備の総合サポートサイト【コーディ】を利用してみてはいかがでしょうか。LINEやお問い合わせフォームからお気軽に相談できるコンシェルジュサービスや、充実した通販ラインナップ、予算管理機能など便利なツールが揃っているので、準備を進めるうえで強い味方になってくれることでしょう。まずはお気軽にサイトを覗いてみることをおすすめします。

テーブルコーディネート

海外で結婚式を挙げる時に準備は何をしたら良いのか

海外で結婚式を挙げるとなると結婚式準備は大変そうだと思う方も多いのではないでしょうか。 ですが、意外と段取り自体はシンプルです。 4つに分けた結婚式準備について紹介し…