結婚式準備の招待状の手配はどうしたら良いのか

スマホを見る男女

結婚式準備の1つとして、みんなに結婚式のお知らせをする招待状があります。
そんな招待状の手配について、いつ作り、いつ送ればよいのかなどまとめましたので紹介します。
結婚式準備の招待状を手配する際は参考にしてみてください。

結婚式準備の招待状を送付するとき一緒に同封するものは、封筒・招待状・返信ハガキ・会場の案内図です。
これの他に、二次会の案内状や付箋を同封する場合もあります。
付箋には招待状に書ききれなかったことや、一部の人にだけ伝えたいことを記入して同封します。
他に、受付・祝辞・乾杯の発声・余興などの役割を頼んだ人にはその内容を記載します。

次は、招待状作成のスケジュールについてです。
挙式の1カ月くらい前には、ゲストの人数を具体的に決定します。
そのため、ゲストからの出欠席の返事である返信ハガキの期限は、挙式の1カ月くらい前の大安か友引の日にすることがほとんどです。
なので、招待状は挙式の2カ月くらい前の大安か友引に送ることが多いです。
大安や友引の日にする理由は、縁起が良くてお祝い事に向いている日とされているからです。
カレンダーなどによく載っていますので、チェックしてから期限を決めたり発送を決めたりしてください。

テーブルコーディネート

海外で結婚式を挙げる時に準備は何をしたら良いのか

海外で結婚式を挙げるとなると結婚式準備は大変そうだと思う方も多いのではないでしょうか。 ですが、意外と段取り自体はシンプルです。 4つに分けた結婚式準備について紹介し…